物件の売却先は不動産会社だけでないことがわかるサイトです

物件を売るときの買い手は不動産会社だけではありません。
たしかに業者に売って、その業者がまた別の買い手に売るというしくみはあります。
このような購入者が業者になる売却方法のことは買取といいます。
Webサイトの不動産売却のカウンセラーには、買取以外の方法に関する豊富な情報が掲載されています。
そしてその方法のことは買取に対して仲介といいます。

仲介というのは、業者が物件を売りたい人の依頼を受けて、買い手を探す方法です。
買取と違って売るまでにかかる期間が長くなることもあり、最悪の場合は買い手がつかないこともあります。
また、買い手との売買契約が成立すれば、成功報酬として決して安くはない仲介手数料が発生します。
これに対して、買取の場合は仲介手数料は発生することなく、早期に売ることが可能です。
ここまでの情報では、買取で問題ないのではと思う方のほうが多いでしょう。

しかし、注意しなければいけないのが、買取の場合は仲介の場合と比較して売却額が安くなる傾向があるということです。
せっかく物件を手放すのであればいくらでも高く売りたいという考えで、仲介を選ぶ方が多いのです。
先述のとおり、不動産売却のカウンセラーでは、仲介で売る場合の多くの情報を得ることができます。
このWebサイトで仲介のしくみを把握した上で、買取とどちらを選択するのが自身にとってベストなのか、あらためて検討してみるというのも良いのではないでしょうか。